れぽてんの雑感

水瀬いのりと夏川椎菜と上田麗奈のオタクで美也Pです

ミリオンライブ6th福岡公演Day2感想 曲もアイドルも演者も成長する

 6月30日に開催されました「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 6thLIVE TOUR UNI-ON@IR!!!! 福岡 Fairy STATION DAY2」のライブビューイングに参加してきました。私が行った会場はアクアシティお台場。10分前くらいから人が増え始め、開演時刻には満席だったように思います。前の方だったので、確信は持てませんが。

 

・初のミリオンライブのライブ

 私は実質的には、これが初めてのミリオンライブのライブ参戦でした。5thライブのディレイ上映会には行ったのですが、厳密に言えば「ライブ」じゃないですしね。そんなこんなで多少緊張しながら開演時刻を待っていました。心配だったのはコールです。これに関しては実際に足を運ばないとわからないので、うまく周りに合わせられるか不安でした。ただ6thに向けてある程度曲は予習してきましたし、知らない曲も当然あるわけですが、それはそれで楽しめるとは感じていました。結局のところ私の心配は杞憂に終わりました。最初から最後まで、めちゃくちゃ楽しかったです。

 

・ユニットの個性、ソロの個性

 D/Zeal、夜想令嬢、EScape、Jelly Pop Beansの4ユニットそれぞれがそれぞれ、持ち味を存分に発揮していました。その中でも特に夜想令嬢がすごかった。ライブを見に来ていたはずなんですが、ミュージカルを見せられるとは。終始鳥肌が立ちっぱなしでした。中の人が出てくるような場面が一度もなかったのが本当に徹底しているなと感じましたね。恵美、朋花様、りおねえ、千鶴さんがあそこには立っていました。カーテンコールまで完璧にこなすとは。参りました。

 EScapeもその独特な世界観を見事に表現していました。ドラマパートを汲んだセットリストで、そのあたりはさすがだなと。南早紀さん、阿部里果さん、雨宮天さんが、セットリストが進んでいくごとに笑顔を増やしていて、作りこみの本気度合いがうかがえました。初めて聞いたのですが、Mythmaker良い曲ですね。最初は「変な曲だな」なんて思っていたのですが、時間が経つにつれてあのメロディーがクセになってきました。あれあずささんの曲なんですってね。びっくりです。

 ソロブロックも魅力にあふれていました。ここから先は私も知っている曲が多く、ノリにノルことができました。しずしほDecidedはズルでは?Catch my dream、ローリング△さんかくは会場の歓声もすさまじかったですし、最高のパフォーマンスだったと思います。あと侠気乱舞は本当に反則です。

 

・慣れと必死さと成長と

 雨宮天さんの「ライアー・ルージュは志保さんの余裕のない心を歌った曲。何回も歌ってきて慣れが出てきてしまっては嫌なので、必死な感じを出しました」のMCにはしびれました。ミリオンライブもコンテンツとして長い部類に入ってきた中で、何十回と披露する曲もあったでしょう。コンテンツに関わる人たちともどんどん親密になっていったでしょう。物事をこなすことにおいて一番怖いのは慣れです。慣れは緊張感を失わせます。「なあなあにやっていても、何回もやってきたものだからできてしまう」という状態は本当に恐ろしいです。そしてそんな気持ちでやったものは必ず見ている人たちに伝わります。

 それと同時に、慣れというのはその人の成長の証です。ライブの空気感に慣れることであったり、共演する人の息遣いをとらえることであったり、自分はこう動けば良いパフォーマンスが出せるんだといった実感は、何回も同じことを重ねていく中で得られるものです。そこから見ている側が抱くのは、「ああ、成長したな」という感想でしょう。1stの時から見ているような人たちからすれば余計にそのはずです。

 出演する人たちが、そのコンテンツをどう思っていて、自分が演じているキャラクターとどう向き合っているか。それは観客に、パフォーマンスを通して必ず伝わります。それらのことを考えた時、ミリオンライブは本当に多方面から愛されているコンテンツだと、このライブから感じることができました。関わる全員が、それはファンも含めてですけれど、真剣にミリオンライブというものに向き合っているからこそ、ここまで人を惹きつけるライブができるのだと思います。

 

・これから彼女たちが見せてくれるもの

 ミリオンライブが始動した時、選ばれた声優さんたちは無名も無名、新人もいいところだったでしょう。演技だって歌唱だってダンスだってMCだって、そのすべてを手探りで、正解を模索しながらやっていったのではないでしょうか。そんな時から六年経ちました。「今だったらこのレベルの曲を歌えるはずだ」。「今の彼女たちにならこのレベルのステージでも大丈夫だろう」。曲も声優さんも、そしてミリオンライブというコンテンツも成長し続けています。

 幸運なことに、6thライブの追加公演がすでに発表されています。SSAではさらに洗練されたものを我々に見せてくれるはずです。もちろんコンテンツは永遠ではありません。きっといつか終わる日が来るでしょう。だからこそ今を楽しむべきですし、彼女たちが放つ今この瞬間の輝きから、目を離すべきではないと思います。9/21、22はぜひチケットを手に入れて、現地でアイドルたちの姿を目に焼き付けたいですね。