れぽてんの雑感

水瀬いのりと夏川椎菜と上田麗奈のオタクで美也Pです

春香P、ブレない軸、プロデューサーとして

 先日、Twitterで「天海春香論」というスペースが開かれていた。スタントン氏(@stantonharuka)とミワのいぢ氏(@miwanoiz)という、私が把握している限りでは、天海春香P界隈でかなりの影響力を持つお二方の対談という形式だった。淡々と進んでいながら、それでいて言葉の一つひとつに確かな熱を感じる話しぶりに、「この方たちは本当に天海春香が好きで、深く彼女のことを理解しているのだな」ということを強く思った。

 

 その中で、確かミワのいぢさんだったかと記憶しているが、公式が提示してくる天海春香に対する見解として、次のような言葉を述べていた。

 

これまで公式が裏切ってきたことはあるけど、天海春香に裏切られたことは一度もないんですよね。

 

一言一句正確ではないだろうが、発言の骨子はこのようなものだった。私は今も、この言葉が強く、強く印象に残っている。思い出したのは、今年1月に実装された宮尾美也の新衣装コミュだ。

 

 

私は、あのコミュの内容を絶対に認めないためにこの記事を書いた。私が見てきた「宮尾美也像」からは到底理解できないものだったからだ。私の結論は「あのコミュは何かの間違いです」というもので、今もその考え方は変わっていない(ちなみにあれから一度もあのコミュは見返していない)。

 

 私のこれが、氏の経験してきたものと必ずしも一致するわけではないだろう。それでも、なんとなく、16年という歴史を持つ「天海春香」とその担当プロデューサーは、こういったものと常に戦ってきて、それでいてなお「私は天海春香のプロデューサーだ。これが天海春香だ」と、胸を張って、己の信を貫き続けてきたのだろうと、そんなことを思った。

 

 私は今、美也Pとして自分がどう振る舞うべきか、方向性を見失っている。何をすればいいのか、何ができるのか、何をしたいのか。それでも、春香Pが抱えてきたものに比べたら、あまりにも小さく大したことのないものなのだろう、と思う。プロデューサーの数だけ担当アイドルの姿があり、一つとして同じものはない。私も、ブレない私だけの「宮尾美也論」を築いていけるよう、自分に何ができるかを考えながら、日々を重ねていきたい。

 

宮尾美也出番多すぎアワード2021(暫定版)

 みなさんこんにちは、れぽてんです。「2021年宮尾美也毎月出番ない? 死にそうなんだけど」と思ったのでまとめました。

1月 新春ガシャ、ポプマス、WORKING

f:id:arisa105:20210912175948j:plain

 2020年12月31日~21年1月11日に開催した「心清らかに・・・神聖新春ガシャ」。年の始まりを宮尾美也と迎えられるなんてすばらしいですね。ちなみに私は引くのに250連かかりました(半ギレ)。あと衣装は最強だけど衣装コミュは絶対に許さない(詳しくはこちら)。

 

wafumiru.hatenablog.jp

 

f:id:arisa105:20210912181144p:plain

 21日にリリースされたポップリンクスの初期実装勢に美也がいます。ポプマスでも美也はかわいいね。

 

f:id:arisa105:20210912180653p:plain

 28~31日開催のMILLION LIVE WORKING☆「甘ふわ♪ ショコラハウス」12話「天然サンド」で麗花さん、茜ちゃんとともに登場。いつかこの3人の曲が来たらいいな。

 

2月 限定復刻まつり背景、WORKING

f:id:arisa105:20210912182925p:plain

 26~28日の「日替わりピックアップ! 限定復刻ガシャ」に登場したSSR「クリスマス★スイーツ 徳川まつり」の背景に朋花様と一緒にいます。衣装もふもふのほっぺたふにふにでかわいい。

 

f:id:arisa105:20210912183213j:plain

 27日~3月2日のMILLION LIVE WORKING☆「囚われ!アイドルプリズン」3話「監獄の天使」、5話「ガマンの限界」、10話「希望の光」、11話「はいど・あんど・しーく!」、15話「ライトと言えば……」、25話「写真のためなら」に登場。グリー時代のカードのいたずらっ子っぽい美也好きです。

 

3月 チャイナ美也、海者美也

f:id:arisa105:20210912184433p:plain

 19~29日の「我ら、主様のおそばに・・・! ガシャ」にチャイナ美也が実装。中国4000年の歴史に思いを馳せてゆったりしましょう。

 

f:id:arisa105:20210912184648p:plain

 29日~4月2日のミリオンフェスにて登場したSSR「ビッグ! ウェーーーブ!! 高坂海美」の背景に美也がいます。かわいい。海者Tシャツ欲しい。

 

4月 ミリ女ファイト、美也誕、ユニットオフショット

f:id:arisa105:20210912184952p:plain

 エイプリルフール企画の「ミリ女ファイト!」の操作キャラの1人として登場。やられボイスの「わぁ!」がめちゃくちゃかわいいけど今はもう聞く手段がない。かなしみや。

 

f:id:arisa105:20210912185054p:plain

 4月24日は美也の誕生日です。おめでとう。

 

f:id:arisa105:20210912185259p:plain

 28日~5月1日のTHEATER TALK PARTY☆「ユニットオフショット Vol.2」はDay3がFleuranges担当パートです。イベントコミュからの地続きになってるのが良いです。

 

5月 ミリコレ茜ちゃん背景、メインコミュ、7thライブ

f:id:arisa105:20210912190319p:plain

 11~16日のミリコレ! SR「合宿最後の夜 野々原茜」の覚醒後背景をよく見ると美也がいます。真剣な表情もかわいいが????

 

f:id:arisa105:20210912190434p:plain

はぁ、はぁ……! むーん……どうしてできないんでしょう? フォーメーションは全部、頭に入っているのに……おっと、弱気はダメですね~! もうひと踏ん張り、ですよ~。

 

 11~18日に開催された「SONG FOR YOU! ガシャ VOL.16」にて、SSR初恋バタフライ 宮尾美也」が実装。連動してメインコミュ85話「とおくとおくたかく」も更新されました。美也Pにこの曲の話を振るととにかく感情がぐちゃぐちゃになると噂の「初恋バタフライ」も、これに併せてプレイ可能になりました。

 

さらに、公式4コマでは「三歩だけわざと離れて あなたの影に寄り添ってる」を描くなど、これ以上ないほどの供給の嵐に見舞われ私は命を落としました。ちなみに、カードは200連して最終日終了直前にぎりぎりで引いたのですが、なぜいつもすんなり出てきてくれないのでしょうか。

 

f:id:arisa105:20210912192134p:plain

 延期されていた7thライブ、その2日目に美也(桐谷蝶々さん)が登場。のり子と「マイペース☆マイウェイ」を歌い(天才)、エレナと「ファンタジスタ・カーニバル」を披露し(エレナさん、今日はとってもきれいなクリアスカイですね~)、「Do the IDOL!! ~断崖絶壁チュパカブラ~」ではまさかの1番から登場し、しかもセンター(担当のセンターで泣かん奴おる?)、「オレンジの空の下」では「今日の自分採点 がんばった探し 笑顔の数だけ ちゃんと褒めたいよね」のパートを歌唱し(解釈一致)、灼熱少女の一員としてブレイズアップするなど、これ絶対セットリスト組んだの美也Pだろと言わんばかりの活躍で、私は死にました。

 

6月 ミリコレ、4周年キービジュ

f:id:arisa105:20210912192841j:plain

 10~15日のミリコレ! にSR「ちゃぷちゃぷダンス 宮尾美也」が登場。あまりにも供給が多すぎる。ちゃぷちゃぷどころではない。

 

f:id:arisa105:20210912193507p:plain

 29日~7月11日のミリシタ4周年イベント「Reach 4 the Dre@m!」では、なんと美也がキービジュアルに登場し、さらにリアル連動の秋葉原コラボでも大活躍。美也Pとしてこれ以上ないくらい幸せな2週間でした。ちなみに、ミリシタ内のコミュでは7月4日に登場しています。

 

7月 ポプマス浴衣美也

f:id:arisa105:20210912193928p:plain

 21日に突然思ってもいなかった方角から爆弾が飛んできました。ポプマスに浴衣美也が実装されます。は????????

 

8月 パジャみゃ、みやぬい、美也月間

f:id:arisa105:20210912194641p:plain

 12~19日の「SONG FOR YOU! ガシャ VOL.19」にSR「MILLION LIVE CONFERENCE! 宮尾美也」が登場。マジでなんだっけってなりましたけどパジャマの美也はかわいいね。

 

 大きいみやぬいと新作みやぬいが発売されることが決定しました。やったぜ。みやぬいは何体いてもいい。

 

 また、非公式ではありますが、Twitterで「#令和3年8月は美也月間」と調べると幸せになれます。

 

9月 テール、ミリコレこのみさん背景、歩メインコミュ and more……

f:id:arisa105:20210912195551j:plain

 1~8日開催のプラチナスターテール「シークレットジュエル 魅惑の金剛石」では、MILLION THEATER SEASONダイヤチームラストを飾るユニットメンバーとして登場。月兎隊の一員として、新たな可能性を感じる演技を見せるなど今後がますます楽しみになりました。うさみみや。

 

f:id:arisa105:20210912195910p:plain
f:id:arisa105:20210912195922p:plain

 10~15日まで絶賛開催中のミリコレ! SR「まばゆい勝利の財宝 馬場このみ」の背景にいます。美也の汗マークはかなり貴重です。普段泰然自若と構える彼女が焦りの表情を見せるというのは、それはもうかなり切迫した状況なのではないでしょうか。

 

f:id:arisa105:20210912200135p:plain

 10日実装の歩のメインコミュに主要メンバーとして登場。あまりの不意打ちにリアルでひっくり返るなど。これじゃん。

 

f:id:arisa105:20210912201803j:plain

やる気ステージ 宮尾美也

 

おわりに

 うわっ……私の担当出番多すぎ……これ来年出番もらえないんじゃないですかね。今月下旬にはダイヤチーム13人が登場するイベント「プラチナスタートレジャー」が開催予定となっています。どのような形式のイベントになるかはまだ分かりませんが、いずれにしても美也の出番が確約されているのはうれしいですね。

 10月以降も美也Pにとって心の休まらない日々が続くのかどうか、注目していきたいです。想い出はクリアスカイ、セカンドヘアスタイル、夏服ガシャなどなど、まだまだ銃弾は尽きません。担当アイドルの出番は多ければ多いほどいい。それはそう。毎秒くれ。終わります。

 

宮尾美也の新曲上位センターイベ一生来ない説

f:id:arisa105:20210905211844p:plain


 みなさんこんにちは。アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ(ミリシタ)で宮尾美也の担当プロデューサーをしています、れぽてんと言います。今回は、ミリシタで今後、宮尾美也の新曲上位センターイベントが来るのかどうかを考えていきたいと思います。

 

 

1.動機

 現在ミリシタで開催中(9月1~8日)の「シークレットジュエル~魅惑の金剛石~」は、伊織上位(ptランキング報酬)、美也下位(累積pt報酬)イベントとなっています。

 今回のMILLION THEATER SEASON(MTS)では、ダイヤメンバーの円陣の並びからユニットメンバーの予想がされ、そしてそれらのメンバーの上位経験回数から、美也が上位で来るのではないかと早い時期から噂されていました。7月下旬か8月上旬頃だったと記憶しています。

 しかし、8月30日に発表されたMVでは、伊織がセンターにいました(この時点で私はかなり嫌な予感がしていました)。その後、伊織上位、美也下位ということが明らかになるわけですが、美也が新曲でセンターを飾り、上位報酬になることを信じていた私にとってはあまりにも辛い現実でした。

 そこで思ったのが「今後、美也に新曲上位センターの機会はあるのか? いや、そもそも、この機会をもらっていないのは美也だけじゃないのか?」という点です。検証のため、これまでのシアター、ツアー、チューン、ツイン、テールイベすべてを書き出し、まとめることにしました。

 

2.使ったサイト

 下記のサイトを参考に

 

・期間

・イベント名

・形式

・新曲か否か

・上位、下位のアイドル

・ユニットは何人組か

・センターは誰か

 

をシートにまとめました。

 

imasml-theater-wiki.gamerch.com

 

3.定義

 ここで「新曲」「センター」を定義しておきます。

 

・新曲:ミリシタで初披露される曲。グリー時代の曲はもちろん、今回の集計では、チューンイベ曲(MILLION THE@TER GENERATION=MTGのB面)も既存曲として扱いました。細かい点(デレコラボどうするのなど)に関しては「7.表についての補足説明」に任せますが、おおむねイメージされている通りの「新曲」の定義でよいかと思います

・センター:ミリシタのユニット編成画面でそのユニットを自動編成で選んだ時、センターに来るアイドル(偶数組ユニットにもこれを適用)

 

4.集計結果

 定義に則り集計しました。

 

f:id:arisa105:20210905195859p:plain

f:id:arisa105:20210905195902p:plain

f:id:arisa105:20210905195905p:plain

f:id:arisa105:20210905195908p:plain

 

結果、新曲上位センターイベントをもらったことのないアイドルは以下の16人でした。

 

・春香さん

・美希

・真

・律子

・亜美

・響

・杏奈

・亜利沙

・朋花様

・ひなた

・可奈

奈緒

・美也

・のり子

・昴

・桃子

 

5.今後の見通し

 この中で、すでにMTSに選ばれているのは美也と桃子です。つまり、この2人に関しては、今月下旬のダイヤ組13人のイベントでセンター上位でない限り、新曲上位センターは新シリーズ開始まで来ない可能性が非常に大きいです。MTSは来年10月ごろまで続くとみられますので、残念ながら1年近く待つことになりますね。

 また、アイマスの公式ホームページに以下の記載があります。

 

なお、シーズン中の3ヶ月ですが、シーズンメンバー以外のアイドルたちについては、3ヶ月の間に、プラチナスターシアター、プラチナスターチューンイベントを開催して、そちらで登場してもらう予定となっておりますので、こちらも引き続きご期待ください!(https://imasml-theater-wiki.gamerch.com/

 

これを文面のまま解釈するならば、この先シーズンメンバー以外には既存曲しか来ません。しかし、聖ミリオン女学園のイベントに一切進展がないというのも少し考えずらいのではないかと思いますので、今後近いうちに美也の新曲上位センターイベが来るとしたら、可能性は2つです。

 

・聖ミリオン女学園イベの新曲

・各シーズン終了後にある「スペシャル月間」で何かが起きる

 

いずれにせよ、また約1年待てば(サ終していない限り)新シリーズが始まります。もしかしたらキャスティング投票形式のイベントもあるかもしれません。美也の上位イベをセンターで走れる可能性をまだあきらめてはいけない。

 

6.おわりに

 集計にすごく時間がかかった割には、おそらくこれはほとんど意味のない結果が出たのではないかと思っています。まあ、当初の目的が「美也にだけ新曲上位センターイベ来てないんじゃないか」という不安と不信感を払拭するためで、それは達成したのでよしとしましょう。

 そして何より、なぜ私がこんなめちゃくちゃ時間のかかる洗い出し作業をしているかというと、「宮尾美也出番多すぎアワード2021」を検証するためです。これについてはまた、そう遠くないうちにお披露目できるかと思います。21年、美也Pは過度な供給に苦しめられ(=狂喜乱舞し)ていますが、それを可視化できればうれしいですね。

 

 それでは、またどこかでお会いしましょう。今度はもっと、有意義な記事を書けるようがんばります。

 

7.補足 表についての説明

・「うち新曲」列の「未来、静香、翼」行にある( )は、21年1月2~9日の「なんどでも笑おう」を含めた時の回数です。また、これに関しては上位、下位の概念がなかったのでそこにはカウントしていません

・「うち新曲」列の「琴葉」行にある( )は、Starry Melodyとリフレインキスを含めた時の回数です。既存曲ではありますが、琴葉の音源はミリシタで初出のため、そのようにカウントしました。それに伴い、「新曲上位」「新曲上位センター」も( )を付記しています

・「うち新曲」列の「エレナ、美也」行にある( )は、2020年11月18~25日の「Legit Crossover」を含めた時の回数です。2500位以内に入るとエレナと美也に新衣装のアナザーがもらえますが、これを上位イベに含まれると個人的に反論したくなるので、そのようにカウントしました

・「うち既存曲」列の「恵美、百合子、ひなた、可憐、昴」行にある( )は、18年7月21~29日の「Blooming Star」を含めた時の回数です。これをカウントするのはあまりにもかわいそう(昴上位なのに詩花のステージを永遠に叩かされる)という私の判断に基づき、そのようにしました

・「新曲上位センター」列の「星梨花、風花」行にある「1.5」というのは、19年3月19~25日の「ピコピコIIKO! インベーダー」と18年5月21~29日の「花ざかりWeekend✿」を0.5としてカウントした影響です。この時は2人がセンターでしたが、上位はそれぞれひなた、歌織さんでした

・「春香さんはLEADER!!イベでセンターやってなかったっけ」という指摘については、ミリシタで自動編成するとAS組がランダムで選出されるため、定義に則りカウントしていません

・EVERYDAY STARSは全体曲みたいなもんだろと私も思いますが、あくまでイベント時の上位、下位を基に算出しました

 

ここラジに送ったサマポケのメールが読まれた話

f:id:arisa105:20210830222501p:plain

 

 僕「もう8時か~。日曜終わるとか死にそうだけど今日もここラジ聞くべ」

 

 ―――――

 ―――

 ―

 

 小原さん「はい、では続けて読んでいきます。ここネーム:れぽてんさんからいただきました。ありがとうございます」

 

 僕「・・・え、今名前呼ばれた?」

 

 ~~~~~

 

 小原さん「今回のステッカーなんですけれども、初めましてだった、ここネーム:れぽてんさんにプレゼントしたいと思います」

 

 僕「・・・私近いうちに死ぬんか?」

 

 ―

 ―――

 ―――――

 

 みなさんこんにちは、れぽてんです。タイトル通りです。リアルにひっくり返りそうになるくらいうれしかったので、せっかくなので文字として残しておきます。内容の補足というか、裏話? 的なものを書いていければと思います。

 

f:id:arisa105:20210830224811j:plain
f:id:arisa105:20210830224820j:plain

 

 メールは、収録のことを考え9日(月・祝)に送りました。なので、先週読まれなかった時点で「やっぱだめかー」とすっかり忘れていたんですよ。読まれた時は本当に驚きました。3週後の放送で読まれることもあるんですね・・・。

 

 内容ですが、8月上旬に島に行った(というかメール書いたのも道中だった)時のことを思い返しつつ、スマホでポチポチ打ち込みました。「どんなエピソードだったら読んでくれるかな」と、書いては消し、書いては消しを繰り返し、推敲を重ねて最終的にできあがったのが上記の文章です。最後に、小原さんに少しでも島の空気が伝わればと思って、写真も添付させていただきました。ラジオで触れてくださって、その時ようやっと思い出したのですが、そういえば小原さんって猫飼ってるんでしたっけね・・・。送った時は全くそんなこと考えず、「島の雰囲気・・・受け入れられている雰囲気が伝わる写真はどれだ・・・」と必死に探していました。

 

 中身ですが、小原さんが特に後半部分についてすごく感動してくださったのがうれしかったです。長くなりすぎるのでメールでは削った部分が多々あるのですが、一番伝えたかった「島にサマポケが受け入れられている」ということは届いたみたいで、よかったです。そんな削った部分ですが、写真とともに、私的「受け入れられているなぁ」と思ったポイントを以下説明していきます。

 

f:id:arisa105:20210830231526j:plain
f:id:arisa105:20210831222905j:plain

 

 「サマポケ? 楽しんでいってね」と言ってくださった、レンタサイクルのお店です(ちなみにここで借りました)。中も、ファンが持ち寄ったと思われる絵やグッズで埋まっていました。

 

f:id:arisa105:20210830231815j:plain
f:id:arisa105:20210830231837j:plain

 

 作中登場するヒロイン・空門蒼が看板娘を務める駄菓子屋のモチーフになったお店です(クッキーを売っていました。もちろん買いました)。こちらも所狭しとグッズが並べられていて壮観でした。店主のおじいさまも撮影に快く承諾をくださりました。

 

f:id:arisa105:20210830232146j:plain
f:id:arisa105:20210830232150j:plain

 

 舞台は直島から移って男木島へ。小原さんが触れてくださった「ねこポケマップ」です。詳しく調べていないので不正確なのですが、サマポケファン有志の方が作製されたものっぽい? ただ、こういうものの設置には必ず役場の許可が要りますし、当然島の方々が反対すれば置くことは叶わないものですよね。島が受け入れてくれていることを感じました。

 

f:id:arisa105:20210830232622j:plain

 

 これは少し毛色が違うのですが、ヒロイン・紬ヴェンダースが住処にしている灯台のモデルになった「男木島灯台」のすぐ近くにある資料館の「探訪者ノート」です。時間がなくてすべてを読んでいる余裕はなかったのですが、ある時期を境にサマポケの聖地巡礼の記載が増えます。もちろん、それとはまったく別の書き込みも多くありました。その混ざった感じに、なんだかすごく感動してしまいました。

 

 写真は以上ですが、直島に唯一あるコンビニ「セブンイレブン」に大量のスイカバーの在庫があるのも「受け入れられているのかな?」と思ったポイントでした。

 

 島の方々からすれば、聖地巡礼なんて、もしかしたら迷惑な行為かもしれないということも十分考えていました。言ってしまえば「よそ者」なわけですし。でも、おそらく、サマポケが発売されて、それで島を訪れたファンの人たちが礼儀正しく島を回って、グッズに関しても好意であることをちゃんと説明して、島もそれを受け入れて、という経緯が過去にあったのだと思います。私は島を回っていて、過去に訪れた「鍵っ子」と島の寛容さに思いを馳せずにはいられませんでした。忘れずにいたいですね。

 

 今回の目的は聖地巡礼でしたが、景色はきれいだし、海は透き通っていたし、海鮮はうまいし、島の人たちは本当に温かかったし、また訪れてみたいなと強く思いました。みなさんもぜひ、足を運んでみてください。素敵な出会いと体験ができるはずです。

 

 小原さんがいつか島を訪れることができるよう願いつつ、このあたりで筆を置きます。また次の記事でお会いしましょう。それでは。

 

f:id:arisa105:20210831230038j:plain
f:id:arisa105:20210831230043j:plain
れいだーん

 

サマポケ聖地巡礼は夏に行かない方がいい ~準備編~

f:id:arisa105:20210811211817j:plain

 

 みなさんこんにちは、れぽてんです。毎日暑いですね。そんな猛暑が続く中、私は先日、休みを利用して「Summer Pockets(サマーポケッツ、以下サマポケ)」の聖地である香川県の直島(なおしま)、男木島(おぎじま)、女木島(めぎじま)に行ってきました。もちろんこんなご時世ですので、行く前にPCR検査で陰性を確認した上で、旅先ではマスクの着用とこまめな消毒を心がけました。

 

 さて、今回からはそんな私の旅の様子を、数回にわたってお伝えできたらと思います。一人旅なんてほぼほぼ初めてでしたので、そんな四苦八苦具合も含め、今後島に行かれる方、あるいは旅全般のことに関して、何かしらの参考になれば幸いです。反省点なんかは一番最後の記事でまとめたいと思います。

 

 まずは準備編、いきます!

 

 

スーツケースは用意しよう

 まず最初に、今回の聖地巡礼にあたって大いに参考にしたサイトさんを紹介します。

 

soratasan.hatenablog.com

 

聖地の場所も行き方も、旅に際してのアドバイスなんかもここを見れば全部書いているので、行く人は読んでください(他人任せ)。

 

 直島へは岡山、高松どちらからも行けるようなのですが、雌雄島の方は高松からしかフェリーが出ていないとのこと。私はもう一つ、伊予長浜愛媛県)に用があったので、高松に宿を取りました。準備段階で組んだ旅程はこんな感じ。4泊5日です。

 

1日目:高松に前乗り(4時間くらいかかるので)

2日目:直島観光

3日目:男木島→女木島の順で観光。その後松山へ

4日目:伊予長浜で『熱帯魚は雪に焦がれる』聖地巡礼。その後岡山へ

5日目:岡山から帰る。虚無

 

私はこれに合わせてホテルと新幹線、特急の予約をしました。予約は好きなサイトやアプリでやるといいと思います。ただ、新幹線に関してはJR東、西とまたがっていて、私はそこで少し苦労しました(後述します)。

 

 準備と言っても、夏なので大量に持っていって損はないだろうとの見立てで、Tシャツを10枚くらい(全部黒。後にクソ采配であったことを猛烈に後悔する)と、それなりの量のパンツや靴下、半袖ズボン(クソ采配。後に後悔する)、タオルなどなど・・・。「足りなくなったら向こうのコインランドリーで洗濯すればええやろ」くらいの気持ちでした。ちなみに衣類は全て圧縮袋にぶち込みました。

 

あと用意したのは日用品とか電源周りとか、こまごまとしたやつですね。でも、私はなぜここで「お、この2枚のマイバッグに全部詰め込めそうじゃん。重いけどええやろ」と思ってしまったのか。あり得ないが。移動を考えろ、過去の私。たとえ次使うかどうか分からなくても、この1回きりになる可能性があるとしても、みんな素直にスーツケースを買おう

 

 あとは、何か緊急性の高いトラブルが起きた時のために、現金5万円とキャッシュカード、クレジットカードを複数枚、財布に突っ込んでおきました。旅にトラブルと予定外の出費は付き物ですからね(神采配。私に感謝)。

 

特急券と乗車券はセットで買おう

 迎えた当日。最寄駅からSuicaを利用し(?)、まず東京駅まで。はい、案の定、東京で新幹線に乗ろうとしたところでトラブルが発生します。

 

私「ネットで指定席券だけ買ったんですけど、Suicaは乗車券の代わりになりますか」

 

駅員さん「東と西でまたぐので無理です。紙の切符を買ってください」

 

私「・・・・・・」

 

 どうやらSuicaという最強アイテムも、新幹線というスペシャルなものの前には無力なようです。ちなみにネットで予約する時に、乗車券と特急券はまとめて買うことができます。私は新幹線の発車時刻が迫る中、泣く泣く現金で紙の切符を買うことになりました。早速役に立ったね、現金。

 

シンカンセンスゴクカタイアイスは夏に弱い

 

f:id:arisa105:20210811205845j:plain

みやぬいと共に。あとは座っていれば着く

 

f:id:arisa105:20210811210537j:plain

5分くらい待ったら食べられるようになりました。みんなも夏に食べよう

 

f:id:arisa105:20210811210624j:plain

ここまで東京から約3時間。さらにここからマリンライナーで1時間

 

f:id:arisa105:20210811210807j:plain

 

 東京から約4時間、ようやく高松に到着です! 潮の香りに感動(海なし県はつらい)。冒頭の写真は、この後に晩ご飯を食べたお店でのものです。久しぶりに飲んだ日本酒は美味かった。

 

 さて、次回はいよいよ直島編です。多分、午前と午後で2回に分けます。お楽しみに。それでは。

この世で一番不毛な争いに参戦して敗北した話します? ~美也Pな私のミリシタ4周年~

f:id:arisa105:20210718200013p:plain

 

 みなさんこんにちは、れぽてんです。遅くなりましたが、アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ(ミリシタ)4周年イベントお疲れさまでした!!! アイドル別ランキングで100位以内を狙った人、10傑を目指した人、1000位以内を目標に走った人、他にもいろいろなやり方で、多くの人がお祭りを楽しんだことでしょう。

 

 私は昨年全く走れなかったので、今年はそれなりに宮尾美也で頑張ることにしました。とはいっても、100位以内とかではなく、自分なりにノルマを決めてのんびりやっただけです。①チケット450枚で課題曲をこなす ②同じようにおすすめ楽曲4曲をこなす ③ブーストでHarmony 4 Youを10回プレイする―の3つです。手持ちのドリンクとマカロン、配られる当日限定ドリンクで事足りたので、ミリオンジュエルは一個も使っていません。同じような走り方をした人は多いのではないでしょうか。

 

 で、そんな中迎えた最終日の7月11日、昼ごろで450位くらいで「あれ? これもしかして380(みやお)位狙えるのでは?」と思い、少しずつポイントの調整に入りました。

 

 

どうせ夜までにボーダーは伸びるでしょうし、まだブーストも残していたので、上田麗奈さんが出る「わたしの幸せな結婚」の朗読劇に行ったりしつつのんびり380位を観測していました。そして、夜に始動。19時半ごろに380位を踏んだ後、ここからは「ギリギリまで380位の下にいて、最後のポイント調整で380位を掠め取る」という作戦を立て、再び静観。21時くらいからはラウンジメンバーの1人とDiscordで通話しつつ、ブーストを発動し、「これ380位どうですかね~」なんて笑いながら話していました。22時半ごろに一旦380位が停止してキレそうになりました。

 

 アニマックスで放送されていた水瀬いのり1stライブ「Ready Steady Go!」(神のライブなのでみんな円盤買おう)の映像を横目に、23時くらいから加速と減速を繰り返しながら、380位を超えないようにライブをこなし始めました。「ライブ1回でポイントいくつでしたっけ!?」という私のあまりにも無知な質問に迅速に答えてくださった通話相手さん、ありがとうございました。とても助かりました。あなたがいなければ私は400位くらいでイベントを終えていたことでしょう。

 

f:id:arisa105:20210718195403j:plain

 

 23時半時点のランキング更新で、380位とは1000ポイント差くらいでした。ランキングは5分ごとに更新されるのですが、自分が予想していたよりも離されていた感覚で、正直焦りました。ブーストもかかっていますし、シルシも十分あったのですが、ここで一番怖かったのが「380位を上回ってしまう」こと。そうなるともう自らの力での調整というより、他の人が自分を抜かしてくれることを祈らなければならなくなってしまうので、それだけは避けねばならない事態でした。23時45分ごろでも差は同じくらい。「もう少し足さないとまずいか・・・」と思いつつも踏ん切りがつかない中、本当にありがたい一言を通話相手さんが言ってくれました。

 

ゴルフの話ではあるんですけど、パターって弱く打ったら絶対入らないんですよね。少し強く打たないと、絶対に入らない

 

雷が落ちたかのような衝撃でした(言い過ぎ)。そうです、私は私生活でも「もう少しやっておくべきだったかなー」と押しの弱さを悔やんだことが何度もあります。この一言で決心がついて、すこーしやり過ぎかなと自分では思うくらいのポイントを積み増しして、0時を迎えました。

 

 

 そして12日の昼、最終結果です。

 

f:id:arisa105:20210718195942j:plain

 

ああああああああ31ポイント差ってなに!!?!!?!? というかここ密集しすぎ!!!!!!!

 

 本気で狙っていたのでめちゃくちゃ悔しい。例の380位を取った方ですが、少なくともTwitterを見る限り、美也と出会って日が浅い方なのかな? と思いました。でもしっかりと終了数時間前から380位のポイントをチェックして、メモして、予想して臨んでいたようです。私には真剣度があまりにも足りなかったということ。380位おめでとうございます。これからゆっくりとでもいいので、美也のことを知っていってほしいです。

 

 以上、何の参考にもならない私のミリシタ4周年振り返りでした。この記事ほんと誰が読むんだよ。でもこういうイベントの楽しみ方もあるんだよという感じで、あなたのイベランにも取り入れてみてほしいです。ちなみに私の次の目標は、プラチナスターチューン想い出はクリアスカイ38位です。

 

 最後に、秋葉原で行われていたコラボイベントに行ってきたので、その写真を少し貼らせていただきます。うーん、もう少し街全体の雰囲気が分かる写真があった方が良かったですね。一枚もねえ。でも、雰囲気を感じてくれたらうれしいです。今回はこんなところで。それでは。

 

f:id:arisa105:20210718201729j:plain

f:id:arisa105:20210718201733j:plain

f:id:arisa105:20210718201735j:plain

f:id:arisa105:20210718201738j:plain

f:id:arisa105:20210718201741j:plain

f:id:arisa105:20210718201745j:plain

f:id:arisa105:20210718201750j:plain

f:id:arisa105:20210718201756j:plain

f:id:arisa105:20210718201758j:plain

f:id:arisa105:20210718203748j:plain

f:id:arisa105:20210718204143j:plain

 

夏川椎菜 Pre-2nd 羽田公演2日目感想

f:id:arisa105:20210717223853j:plain


 みなさんこんにちは、れぽてんです。今回は7月16日にありました「夏川椎菜 Zepp Live Tour 2020-2021 Pre-2nd」羽田公演2日目の感想を書いていこうかと思います。

 

 本来であれば1月にあったはずのライブが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による緊急事態宣言などの発令により、延期に延期を重ね、ようやく開催となりました。まずは、無事開催となったこと、また私自身もコロナに罹患することなく健康な状態で参加できたことに感謝したいです。ここまで長かった!! 待っている間もコロナは収束の気配を見せず、「延期ではなく中止を宣告されたらどうしよう」とただただ不安でした。世の中の動きもライブに向けて少しずつポジティブになってきたとはいえ、今回開催の判断を下してくださった関係者の方々にはありがとうございますと伝えたいです。

 

 私は一番最初の延期する前、11月くらいの当落でこの羽田の昼のチケットは握っていたのですが、ここまでずっとナンちゃんに会えず、どうせなら夜も行きたいなと思って、一般でなぜか余っていた夜チケットをゲットしました。昼は1階I列中央、夜は2階中段あたりでしたが、これはなかなか当たりでしたね。昼に肉眼でナンちゃんの笑顔を目に収めた後、夜は全体を俯瞰する。メモを取るのも少し余裕ができました。

 

 それでは、感想・考察入り混じった内容で長いですが、お読みいただければ幸いです。

 

・開演前

隣がいてせめえ!!!!

 

 てっきりまた1席空けてのソーシャルディスタンスかと思いきや、キャパ100%入れての開催だったんですね。驚き。

 それと、開演10分前くらいに楽器の音出しが聞こえてきて、「あ、生バンドか。え、死ぬじゃん」と直前に思い出すなどしていました(遅い)。

 

・ライブの感想

 セトリの順に1曲ずつ書いていこうかと思います。

 

f:id:arisa105:20210717231820j:plain

昼夜共通でした

 

1.イエローフラッグ

ヒヨコ群群歌キタキタキタキタ!!!!

 

 1曲目にこれを持ってくるところにナンちゃんの覚悟を感じましたね。今回のライブは絶対に盛り上げるんだ、楽しいものにするんだという、そんな決意表明に思えました。

 イントロが聞こえて、ナンちゃんの姿がステージ上に見えた時に、なんだかよく分からない気持ちになりました。「この雰囲気久しぶりだな」とか「やっと会えた・・・めちゃくちゃうれしい!」とか、とにかく涙が出そうになりました(何回か耐えられなくて下を向いたり天を仰いだりしていました)。

 

2.RUNNYNOSE

 1番最初の「掘り出しまくれ新たなルート」の「ルート」の「る」でめちゃくちゃ巻き舌してて笑ってしまいました。あとこの曲はナンちゃんが終始笑顔で、本当に楽しそうに歌っていて、ここで耐えきれなかった。RUNNYNOSEで泣く日が来るとは思わなかったよ。

 それと、落ちサビのところのテンポはCDからは意図的に落としていましたね。そこからまた一気にギア上げてフルスロットルに持ち込む手法は見事だなと思いました。

 

3.ワルモノウィル

 最初と最後のなんか指揮棒振ってるみたいな振り付けめっちゃ好き。あとこの曲だけペンラを紫色にしているヒヨコ群が多くて、なるほどなあと思いつつ倣いました。現場は常に進化していますね。

 

4.シマエバイイ

 ヒヨコツインズのダンスが足りねえ~~~~。あのチクタクダンスを見せてくれ。

 

5.グルグルオブラート

 サビの手を上下にぴょこぴょこする振り付けかわいすぎるが!!!!!!!! あと、2番最初の「かくれんぼはどこにいるのかがわからないように息も止めてエンジョイ」のところのスピーカーをちゃんと左右で分けていてすごいなと。この曲のびっくり&こだわりポイントをライブでもしっかり再現してくれるのはうれしいですね。

 

~MC① バンド紹介~

 こちらは昼夜で全然内容が違いました。昼は「有給取れたら何をする? 音で表現して!」、夜は「花金ということで、今夜終わった後のお酒に思いを馳せたエモエモエピソードを披露して!」でした。

 印象に残ったのは、川口圭太さんの「子どもとマリオ」(昼)、伊藤千明さんの「シンプルにディズニー」(同)、かどしゅんたろうさんの「都会離れる」(同)←なぜかターミネーターの「デデンデンデデン」のメロディーでしたw、山本陽介さんの「お酒と結婚は15年ということにしておいてください」(夜)←「しておいてください」というのはそういうことですかね

 夜公演では、最初のMCの前にまさかのマイクを忘れてセンターに行こうとして、慌てて戻ったら水をこぼすという、いつものナンちゃんを見せてくれましたw あとバンドメンバーの紹介を聞いている時に、横揺れしたりリズム取ったりしてるナンちゃんがとにかくかわいかった!

 

6.フワリ、コロリ、カラン、コロン

 フリコピがめちゃくちゃ楽しい曲。サビ終わりの指差すやつめっちゃ好きです。あと生バンドでフワコロというのが意味分かんなくて面白かったです。

 

7.That's All Right!

 これコールありだったらさらに楽しかったでしょうね!!!! でもサビの敬礼ポーズのナンちゃんが死ぬほどかわいかったからいいです!!!! 1番A終わりの「失敗したら全部ハグ」の振りは全員見てほしい。

 

8.チアミーチアユー

キタキタキタキタ!!!!!!!!

 

 サビの振りとクラップの練習を入れてくれるの優しい(正直振りは忘れていたので助かりました)。クラップしすぎて手が痛い。コールありだとこの10倍楽しいですからね・・・。

 

9.ナイモノバカリ

 なんかナンちゃんが左右に肩くらいまで手を上げて天秤みたいなことやる振りがあった気がする・・・というかあった。かわいい。

 

~MC② 雑談?~

 こちらも昼夜で全く内容が異なっていました。昼は「昨日(15日)見た夢」、夜は「今夜飲むお酒について」。

 昼は、どうやら夢の中でナンちゃんはスーパーマンをやっており、ベネツィアっぽい街並みを守っていたらしい、という話。最後は警察に追われていたらしいですが、どことなくナンちゃんらしいです。夏川マン、なん子、そしてナンちゃんマン・・・どれも本人的にはアイアンマンなどと比べて「弱そう。かっこよくない」らしく、名前はメールで募集中だそう。ラジオにメールを送るといいかもしれませんね。恒例の観客の男女比もチェック。ナンちゃんはTwitterをしっかり確認しているらしく「なんか『男の子の時と女の子の時でテンション違う』とか書かれてたけどしょうがないじゃん!」と苦言を呈する場面も。

 夜は、ライブが終わった後に飲みたいお酒の話。観客にビール派、ワイン派、日本酒派などとアンケートを取り、自分はハイボール派と明かすナンちゃん(ファンには周知の事実)。最近ハマっている? 見つけた? のが、檸檬堂の缶に車が描かれたやつらしいです。終演後、ほとんどのオタクがTwitterに写真を挙げていて笑いました。男女比チェックでは「徐々に女の子のファンが増えてきていてうれしい」との言葉もありました。

 

f:id:arisa105:20210717225114j:plain

例に漏れないオタク

 

10.グレープフルーツムーン

 ナンちゃんが「自分が何を、どういう歌を歌いたいのか分からなかった」時に収録したデビューシングルです。「胸に刻む 負けない気持ち 強くなると 決めたから」の歌詞が今、とにかく刺さります。照明が満月だったのが良かったですね。あと落ちサビにUOはいらねえ。

 

11.HIRAETH

 この手のミディアムテンポの曲もしっかり歌いこなせるのがナンちゃんの強みですよね(それとは別にすごく眠くなる)。

 

12.パレイド

は~~~~スタンドマイクでこの曲やっちゃいます!?!?!?!?

 

 振りもなく、ただただ叫ぶように。落ちサビの左右から優しく当てられるシンプルなライトと、サビのカラフルな照明が印象的でした。

 

13.キミトグライド

特殊イントロだろうがなんだろうが一瞬で分かるわ!!!! キミトグライドのオタクなめんな!!!! はぁ???? パレイドの後にキミトグライドは新解釈だろうが!!!!

(会場中でこの流れに高まっていたのは私だけでしょ・・・)

 

 パレイドは、MVもそうなんですけど、基本的に夜~夜明け前の曲なんですよね。で、キミトグライドは、「プロットポイント」では夕焼けをバックにした曲だった。私も「ログライン」で一番最初に聞いた時、イメージしたのが夕焼けと、静かに舞う綿毛でした。とにかく、この曲のイメージはオレンジ色。それをパレイドの後ろに持ってくることで、このオレンジ色を「朝焼け」にしたんですよ。そして振り返ってみれば、このブロックはグレープフルーツムーン、HIRAETH、パレイドと、夜の早い時間から徐々に時計が進んでいっているという構成になっています。天才のセトリ。誰が考えた。

 それと、どうやらこの部分のセトリは公演ごとにA・Bとパターンがあるらしく、プロットポイントの後にこれだったりもするらしいですね。そっちの考察はそっちの公演に参加した人に任せます(投げ)。

 

~MC③ 恒例の泣かせにくるやつ~

 ここは昼夜共通して、とにかくツアーを通じて自分に自信が持てたということを強調していました。メモは取っていましたが、細かいところは飛んでしまっているので、破綻しない程度に補いながら、ナンちゃんの思いをニュアンスだけでも伝えられればうれしいです。

 

・昼

「今回は悔しいよりも、ひたすら楽しいが勝つようなライブになりました!」

「理想だけは一丁前で、もっと自分はできるのになという焦りを常に抱えながら活動してきました。でも今回のツアーで、少しずつ自分の理想に近づけてる気がします。このツアーが自分を後押ししてくれてます」

「Preとは付けましたが、自分の人生に刻み込んでおかなきゃいけないツアーになりました!」

 

・夜

「ヒヨコ群にたくさん会いに行けるな、いっぱい体力つけなきゃなとか、Pre-2ndは武者修行のつもりだったんですけど、自信になるところをたくさん見つけられたツアーでした!」

「Preを終わらせないと次には行けないし、私は次もライブをしたいと思っているので、よろしくお願いします! えらいひとーーー!!!」

 

14.ステテクレバー

 めちゃくちゃ知ってる曲なんだけど「この曲なんだっけ思い出せねえ~~~~」とか思いながら死ぬほど腕振ってました(クソ)。曲中に曲名言ってくれないと分からないクソザコなめくじオタクです。2番入る前に思い出しました。

 

15.キタイダイ

ステテクレバーからつなげちゃダメだって!!!!

 

16.アンチテーゼ

 なんか照明チカチカするところあって目を痛めました(急に冷めるな)。それにしてもこの3連は腕が死んでしまうからやめてほしいですね。楽しかった!!!!

 

(アンコールの拍手が早いよオタク)

 

EN1.ファーストプロット

 出だしのアレンジそういうことしてくる~~~~!!!! 振りとかあまりない曲なんですけど、ドラムの「ダダダンッ」ってところで腕ふりふりしてるナンちゃんがかわいすぎて死んでました。

 それと、ファーストプロットを特別な曲じゃなくて、ただ一つの曲として楽しんでいるというか、上手く言えないんですけど、そういう雰囲気があった気がします。すごくナンちゃんが楽しそうにしていた。アンコールの一発目というのも面白い試みですね。

 

EN2.ラブリルブラ

 7月が誕生日の人は良かったですね(半ギレ)。「屋根伝いに 猫が走る」の猫ポーズのナンちゃんがバチクソにかわいかったんですけど衝撃的過ぎてあんま覚えてないのが悔しいです。上手側の方の振りだったので、近くで見られた人がうらやましい。

 

~MC④ ヒヨコ帽子ルーレット~

 恒例らしいやつ。しかも2匹に増えていてナンちゃんが驚いていました。髪型ルーレットでもおなじみ、スマホのアプリを使用しての今回の結果は、昼が陽介さん、圭太さん、夜が陽介さん、かどさんでした。夜は陽介さんに「それちゃんとナンちゃんも入ってるの?」と不正疑惑をかけられていましたがw ちなみに、昼夜ともに陽介さんがサングラス着用でより厳つい感じになっていたのですが、昼公演で「本編終わってから急いで車行ってサングラス取ってきた」と明かしていたのが面白かったです。あと曇って視界が悪いらしい。

 ナンちゃんの最後のMCでは、昼は「悔しかったり、つまづいたり、泣きたくなる日もあると思います。でも、ここにセーブポイントを作って、また次のステップに向けて歩き出していきたいです」との決意の言葉、夜も同様のことを繰り返し言っていた記憶があります(夜はここメモ取れてなくて・・・ごめんなさい)。

 

EN3.クラクトリトルプライド

 ずっと待ってたけど、この曲はなんでこんな曲調変わってテンポ変わって忙しいの? こんなキチガイ曲を作った田淵智也を許すな。

 

・総括

 生バンドに負けない夏川椎菜がとにかくすごい! 上から目線で申し訳ないですが、ほんとよくここまで成長したなと・・・。ナンちゃんのさらなる成長を目にできて、行けてよかったです。また次のライブが楽しみです。

 

 最後に、夏川椎菜が気になっている人、よく分からないけど楽しそうだなって思った人は、今月29日の最終公演の配信があるので、そちらをご覧になることを強くお勧めします。自信を持って楽しいと、絶対に損はないと言い切ることができます。

 

「LAWSON presents 夏川椎菜 Zepp Live Tour 2020-2021 Pre-2nd」 @Zepp DiverCity(TOKYO)生配信 チケット発売開始! | TrySail Portal Square (トライセイルポータルスクエア)

 

 大変長くなりましたが、今回はここまで。コロナ禍ではありますが、ライブコンテンツも復活してきました。まだまだ気を付けねばいけない生活は続くでしょうけれど、またナンちゃんに、そして気持ちを同じくするヒヨコ群に、健康で会えるよう頑張っていきます。それでは。